医学生が送るインドネシア回想録

インドネシア回想録

訪友旅行

2013/01/16 16:21

久しぶりにインドネシアに行く機会がありました。 半分以上は観光だったんですが、ジャカルタなどの首都圏では韓国どころか中国の進出が激しいことに驚かされましたね。 そしてやっぱり緩やかな物価上昇を感じさせられます。 日本にいるとデフレで物価下降しか体感できないので、ある意味で新鮮ですが・・^^;

日本で入ってくる最近のアジアのニュースではインドの性犯罪の話題がよく耳に入ってきますね。 数日前にも個人経営の乗り合いバスでレイプ事件があり、インド全域で報道されているようです。 中国然りですが、今世紀爆発的に経済発展を遂げるであろうアジアには、未だに多くの人権問題が残っているのが実情です。 日本にいると平和過ぎて気付かないことが多いですが、イスラム教の戒律の厳しいインドネシアでも、日本より貧しい為か犯罪も多く存在しています。 あまりそういった世界に足を踏み入れていない方には、東南アジアというひとくくりで怖さを感じることでしょう。

続きを読む »

医療の話

2012/12/21 12:41

皆さんが病気になった場合にはまずどのような行動をとられるでしょうか? 普通の人であれば自分の症状に合わせて病院の診療科を選択して受診されると思います。 それが可能なのは日本の医療法が整い、病院設備や医師の技術がもれなく担保されているからです。 では世界の医療現場はどのような状況なのでしょうか?

日本に近しいアメリカでは病気を発症した場合まず、かかりつけのホームドクターに診てもらいます。 そこで簡単な風邪や怪我などの治療も行いますが、大抵の場合は診療科を紹介してもらって治療を受けに病院に振り分けられます。 また、日本のように健康保険法に相当するものがないため、スラムに住む所得の低い人達が医療を受けにくい状況となっています。

続きを読む »

インドネシア回想録

2012/06/28 14:53

私がインドネシアのGadjah Mada大学で医学を学んでから早20年が経ちました。 当時の日本は高度経済成長期の終わりにバブルを向かえ、世界で最高の富を味わっている只中でした。 インドネシアでも第二次世界大戦後にオランダから独立を果たし、その後の独裁政権による経済成長を続けていました。 道路や電線や水道管のインフラ整備はまだまだ整っておらず、都心部から一歩足を踏み出すとまだまだ原始的な生活を送っている人々が多くいました。

続きを読む »

Copyright (C) 医学生が送るインドネシア回想録 All Rights Reserved.